DMの共同ブログ みんなで記事を書いていきます! メンバーはROCKY 雷鳴神 半ズボン ありあ 拝火です

新殿堂発表(6/14)
2013-06-15 Sat 01:04

殿堂が発表されましたね…
なんか色々考えてみたいのでまとめてみましょう

1.各殿堂カードについて

アクア・メルゲ

言わずとしれたメルゲループの核ですね。vaultでもメタが追い付くまではベスト4の常連でした。メルゲループっていうデッキタイプは崩壊したってとらえていいのかな

ホーガン・ブラスター

おそらく今回の規制でDMPが一番殿堂入りを望んだカードなんじゃないかなーと思います。ヴィルヘルムだったり獰猛鬼修羅だったり単純に覇だったり、踏み倒すとやばいクリーチャーや呪文が多いですよね。
前回の規制の直後に「扉の殿堂だけじゃ無駄」っていう声を聞いたんですが、まさにその通りになった感じでしたね。

カモン・ピッピー

びっくりしました。個人的にはそこまでやばいカードだとは思ってなかったんですが、現環境でも赤緑ギフトというデッキタイプはメルゲ以外にはかなり有利に立ち回れていて、最近はvaultでもかなり勝ち上がっているのでバランスが取れたっていう感じでしょうか

獰猛なる大地

個人的に一番驚きました。ブラスターが規制されてミステリー・キューブっていうカードが出て、従来の獰猛ブラスターみたいなデッキがデッキ内のクリーチャーの比率をどうにかして高めてきて、その結果獰猛鬼修羅のギミックも相対的に価値を失うのかなーと思ってはいたんですが。
ここで規制するってことはE3でまた強い大型を量産していくってことなんでしょうか?
ついでのように鬼龍院が消えていきましたね、ちなみに僕はリアルで持っているので悲しいです

2.殿堂発表のタイミングと発表から施行までの期間の短さ

結構殿堂発表のタイミングや施行の日にち(6/22)に違和感を覚えた人はいるんじゃないでしょうか?僕もそうです。
タカラトミーがメルゲループをプレイヤー以上にやばいって思ってたってことなのかなあ…答えは出ませんね

3.新環境

どんなデッキが台頭するかを考えてみたいと思います。

・バキ

ノータッチ。メルゲメタとして採用されてきたお清めトラップをガチンコ・ルーレットに戻すことになると黒緑次元やハンデスへの勝率も上がるのではないでしょうか。
ノーブル・エンフォーサーや温泉湯当たり地獄などのウィニーメタを積みやすいのも強みかなあ

・黒緑次元

こちらも今回の規制でノータッチ。メルゲが消えて相対的に強くなるかなーと思います。ハンデス、イエスといったデッキにはかなり不利なのは変わりません

・黒緑速攻

これもメルゲが消えて強くなるはずのデッキ。赤緑が消えるのも追い風かな?

・(旧)獰猛ブラスター

あんま触ってないので多くは書けないんですが、ミステリーキューブを採用することになりそうですね
そうするとクリーチャーを増やすことになりそうですが、こっからはわからんですな

・ハンデス

赤緑が多分消えること、(メルゲメタとしての役割を持つ)Nが強みをなくしたこと、黒緑次元が増えそうなことがプラス要素
ウィニーが増えそうなこと、ガチンコ・ルーレットの採用率が殿堂施行前より上がりそうなことがマイナス要素ですかね
(旧)獰猛ブラスター以外にGTが入ったデッキが殿堂後にできるかどうかでハンデスの形も決まりそうな感じもします

ラムダとかイエスとか赤緑はそこまで触ってないし長くなってきたので今回はカットで
バキのカラーリングとかハンデスの形とかは、環境がある程度固まってからまた考えたいなーと思います。

別窓 | ROCKY | コメント:0 | トラックバック:0
<<ブリックスCS前に | dm world | 新殿堂について>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL



| dm world |